ろう者と聴者が共に活動する人形劇団による交流・ワークショップ

カテゴリ:イベント

ラオスってどんなところ?
モノをつかって表現しよう!

  • 日時
    2020年2月15日(土曜)13時00分~14時00分 (受付12時45分~)
  • 内容
    ろう者と聴者が共に活動する人形劇団デフ・パペットシアター・ひとみは、ラオスでろう者が参加する劇団「カオニャオ・デフ」と共に、2020年1月にラオスにてワークショップを通した作品創りをしました。
    ラオスはとても自然が豊かで、面白い植物や日用品が沢山あります。今回はそんなラオスの色々な面白い素材を、人形劇のように動かしてみましょう!
  • 会場
    川崎市立聾学校 3階音楽室
  • 住所/
    アクセス
    〒211-0053 川崎市中原区上小田中 3-10-5
  • 車椅子専用
    駐車場の有無

  • 会場の設備
    • ◯多目的トイレあり
  • 料金
    無料
  • 対象/
    定員
    川崎市近辺在住の聾・難聴児対象
  • 申込方法
    デフ・パペットシアター・ひとみ(現代人形劇センター内)
    TEL:044-777-2228 / FAX:044-777-3570 / E-mail:deaf@puppet.or.jp

    2020年2月14日(金曜)10時00分 までにお申し込みください。
  • 主催
    公益財団法人現代人形劇センター
  • お問合せ先
    デフ・パペットシアター・ひとみ(現代人形劇センター内)
    TEL:044-777-2228 / FAX:044-777-3570 / E-mail:deaf@puppet.or.jp