公益財団法人 川崎市文化財団

歴史ガイド

(6)夢見ヶ崎と鹿島田

歴史ガイド 夢見ヶ崎と鹿島田

■解説

 JR川崎駅の南西方向に見える台地状の独立した丘は、神奈川県北東部と東京都の八王子・町田方面に広がる多摩丘陵の離れ丘陵で、地元では加瀬山と呼ばれています。標高30メートル余りのこの丘は、古くから江戸湾を一望できる景勝の地として知られ、今日では別名「夢見ヶ崎」の名で親しまれる市民の、憩いの場になっています。

 加瀬山はまた、古墳の多い山としても知られており、1937年(昭和12年)に西の西端に位置する白山古墳から三角縁神獣鏡が出土し、さらに昭和17年にその周辺から秋草文壺(国宝に指定)が発見されたことによって注目されました。1970年(昭和45年)の墳丘調査では5世紀から8世紀の円墳が9基確認され、古墳の多いところとして有名でしたが、大正時代以降、この丘も川崎市に進出してきた企業の工場用地や住宅地の盛り土に使うためたびたび削られ、南加瀬貝塚や白山古墳など消滅してしまった遺跡も少なくありません。

 戦後、工場地を囲む形で住宅地も増加し、さらに昭和40年以降公害が 次第に社会問題化するにつれ、工場立地規制の影響もあって、工場の郊外移転が見られるようになりました。

 南武線と横須賀線にはさまれた工場跡地には、業務・住居機能を備えた高層建築群が完成し、景観を一変させています。

■見学のポイント

  • ルート総合案内(鹿島田駅前)
  • 大師堀
  • わが国最初の工業用水
  • 称名寺と置赤穂浪士の隠れ家
  • 御嶽神社と塚越
  • 東明寺と酒造りの絵馬
  • 古川の石井家と長屋門
  • 市内最初の近代水道
  • 鹿島田と鹿島大神
  • 新鶴見操車場
  • 小倉のトマトソース工場
  • 無量院と小倉池の伝説
  • 小倉用水
  • 南加瀬貝塚
  • 夢見ヶ崎古墳群
  • 了源寺と五兵衛の墓
  • 夢見ヶ崎と太田道灌
  • 寿福寺と力石
  • 秋草文壺

■ルート情報

「称名寺と赤穂浪士の隠れ家」
「小倉のトマトソース工場」
「夢見ヶ崎古墳群」
「秋草文壺」
ガイドパネルはもともと建てられていません。
「夢見ヶ崎と太田道灌」(ガイドパネル⑯)
ガイドパネルは現在設置されておりません。